FC2ブログ

ASUS X453SA-3050 に必要な Microsoft Windows 7 32Bit 用ドライバーを探してみる。

前回紹介させていただきました、「ASUS X453SA-3050 に、Microsoft Windows 7 の 32Bit 版をインストールしてみる。」にて、ASUS 製ノートパソコン X453SA-3050 に、Microsoft Windows 7 の 32Bit 版をインストールするところ等を、詳しく紹介させていただきました。

基本的には、光学ドライブから起動させる事で、OSのインストール自体は、問題無く完了しました。
しかし、ここで大きな問題が発覚します。
今回インストールを行ったOSは、Microsoft Windows 7 SP1 32Bit 版ですが、このOSを ASUS X453SA-3050 にインストールしただけでは、下記の問題がある事が判明いたしました。

●ノートパソコン本体側のUSBポートが、全く使用出来ない状態。
●有線LANも無線LANも、全く使用出来ない状態。

上記の問題は、各デバイスが正しく使用出来る状態にする為のドライバーが、インストールされていない事に、原因があります。
なので、各デバイスの専用ドライバーを、何とか探して入手して、インストールする必要があります。
しかし、ここまで読んでいただいた方なら、もうお分かりかなと思いますが、もし専用のドライバーが見つかったとしても、このドライバーをインストールする手段が、ありません。
ノートパソコン本体に装備されているUSBやLANは、現在使用出来ない状態です。
この状態で、ドライバーをインストールするのに使用可能なデバイスは、唯一光学ドライブしか無い、という事になります。
この状況は、ハッキリ言って絶望的な状況であると、言わざるを得ないですね。

まぁ考え方を変えれば、光学ドライブからのドライバーのインストールだけは、唯一可能であるという事も言えます。
先ずは、先に必要となるドライバー探しからです。
どのようなドライバーが、どれだけ必要なのかが、全く解りませんでしたので、手掛かりとして、ASUS X453SA-3050 に搭載されているCPU、インテル Celeron プロセッサー N3050 をキーワードとして、ネット上で検索してみました。
すると、興味深い内容が、ヒットしました。

マザーボードメーカー ASRock の Mini PC series の中に、インテル Celeron N3050 を搭載したシリーズが、存在する事を発見しました。
このシリーズは、ASRock では、Beebox Series として、ラインナップされています。

Beebox Series - ASRock Inc

そこで、左側に表示されているダウンロードの項目をクリックして、どのようなドライバーが掲載されているのかを、実際に調べてみました。
すると、Windows 10 のドライバーだけでなく、Windows 7 や Windows 8.1 用のドライバーも、掲載されている事が確認出来ました。
しかも、64ビット版だけでなく、32ビット版のドライバーも、掲載されていました。
現在多くのドライバーを必要としている ASUS X453SA-3050 に付いて、全てのドライバーがここで入手出来るとは思いませんが、少なくともUSBポートが正常に使用出来るような状態にする事は、出来るのではないかと思われます。
こちらのサイトからは、チップセット用のドライバーも入手出来そうです。

こちらに掲載されているドライバーから、Windows 7 の32ビット版のドライバーを、ダウンロードしてみました。

●INF driver ver:10.1.1.12
●Intel iRMT ver:1.1.50.493
●Intel Trusted Execution Engine ver:2.0.2.2092
●VGA driver ver:15.40.6.4352

チップセット用のドライバーもありますし、グラフィック用のドライバーも、ここで入手出来ます。
ダウンロードした各ファイルは、ZIP形式で圧縮されています。
この状態のままでも、解凍等は可能だと思われますが、出来る限りドライバーのインストールを、問題無くすんなりと行いたいと思いますので、全てのファイルを別のパソコンにて、先にZIPファイルを解凍しておき、これらをDVDに書き込みして、ドライバーのインストールに備えました。
出来上がったDVDを、ASUS X453SA-3050 の光学ドライブにセットし、ドライバーのインストールを行ってみました。
結果ですが、今回準備したドライバーは、全てインストールする事が出来ました。
そしてインストールした結果は、このようになりました。

ASRock より入手したドライバーをインストール後のデバイスマネージャーの状態。


前回、OSをインストールした直後の、デバイスマネージャーの状態が、こちらです。

OSをインストール後のデバイスマネージャーの状態。


比較していただければ解ると思いますが、OSをインストールした直後の状態からすれば、重要なデバイスに対して、必要なドライバーがインストールされた状態になっています。
最も問題となっていた、USBポートが使用可能な状態になっている事と、グラフィック関係の表示が正常な状態になり、取り合えずノートパソコンとして、何とか使える状態にはなったと思います。
しかし、依然として現段階では、ワイヤレスLANは、まだ使用不可の状態です。
そして、他にもドライバーがインストールされていないデバイスが、まだまだあります。
そこで次回は、最低限必要なワイヤレスLANのドライバーと、未インストール状態のデバイスに付いても、最適なドライバーを探すところ等を、詳しく紹介させていただきたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リンリン

Author:リンリン
リンリンのブログへようこそ!
このブログでは、私自身で今までに行った、パソコンに関する修理した内容や、改造を行った内容等を、ブログとして書き残しておき、他の方に役立つ情報として発信出来ればという事を目的としています。
出来る限り解り易く説明等を行っておりますが、うまく説明出来ていない事もあり、解り難いかもしれませんが、何かお役に立てればと思っております。
どうぞ宜しくお願いいたします。

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
187位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンドウズ
57位
アクセスランキングを見る>>