FC2ブログ

Lenovo ThinkPad E531 の2枚のキーボードを詳細に比較してみたいと思います。

前回、某オークションにて落札した、Lenovo ThinkPad E531 にも対応する日本語キーボードが、届きましたが、この時の内容に付いて、「Lenovo ThinkPad E531 用の交換用日本語キーボードが到着しました。」にて、詳しく紹介させていただきました。
そこで今回は、最初から搭載されていたキーボードと、今回入手した日本語キーボードを、詳細に詳しく比較して、違い等を詳しく紹介させていただきます。

先ずは、キーボードの裏面に記載されている、型番の比較からです。

キーボード裏面の型番を比較。


上のキーボードが、入手時より搭載されていたキーボードで、下のキーボードが、今回入手した日本語キーボードになります。
型番を注意深く確認してみますと、上のキーボードには、「 105US 」の表記があり、何となく英語用105キーのキーボードであると、確認出来ます。
そして下のキーボードには、「 110JP 」の記載があり、こちらも日本語用110キーのキーボードであると、確認出来ます。
実際にキーボードの何処がどのように異なるのかを、詳しく見てみましょう。

キーボードの1番左側を比較。


キートップの形等は、同じと思いますが、日本語キーボードには標準搭載の「半角/全角 漢字」キーのところには、「 ~ , 」と確認出来る表示があります。
キートップの形状が同じなので、いつもの調子でついついこのキーを押してしまいますが、IMEのON/OFFが動作する事も無く、無反応な状態なので、イライラしてしまいます。

キーボードの右側を比較。


こちらは、かなり多くのキートップの形状が、異なっている事が確認出来ます。
左側が日本語キーボードで、右側が入手時より搭載されていたキーボードです。
「 Backspace 」、「 Enter 」、「 Shift 」の形状が、明らかに異なります。
キートップの形状が異なっているという事は、面積も異なっているという事になりますので、見た事の無いキーや、本来あるはずのキーが無い、という事も、確認出来ます。
これだけキーボードが異なりますと、やはり使い難いですよね。

キーボードの下側の右半分を比較。


こちらもかなり、キートップの形状が異なっています。
「 変換 」、「カタカナ ひらがな ローマ字 」、ひらがなの「 ろ _ 」キーの有無等、かなりの違いが確認出来ます。
日本語キーボード自体に、慣れ親しんでいる事もあり、交換前のキーボードは、本当に使い難いキーボードでした。

キーボードの下側の左半分を比較。


こちらは、「 無変換 」キーの有無、スペースバーの違い過ぎる大きさ等、あちこちに違いが確認出来ると思います。

キーボードの上側の右半分を比較。


こちらは、「 Backspace 」キーの形状が異なるだけで無く、ファンクションキーの下にあるキートップの表記に、違いが確認出来ます。
多くの時間、日本語キーボードを入力している私には、キーの位置を各指が、ほぼ把握しておりますので、キートップの表記の違いは、本当に使い難いです。
日本語入力を行う時だけで無く、アルファベットを入力している時でも、違いがあると、やはり使い難いです。
いくらノートパソコン本体が良くても、キーボードが使い難いだけで、どうしても触る頻度が激減します。
これが、どうしても日本語キーボードに交換したかった原因です。

10キー以外の下側を比較。


スペースバーの違い過ぎる大きさは、衝撃とも感じてしまいますね。

さて、ここまでに、最初から搭載されていたキーボードと、今回入手した日本語キーボードの違いに付いて、詳しく確認してみました。
そこで次回は、待望の日本語キーボードに乗せ替える作業等に付いて、詳しく紹介させていただきたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リンリン

Author:リンリン
リンリンのブログへようこそ!
このブログでは、私自身で今までに行った、パソコンに関する修理した内容や、改造を行った内容等を、ブログとして書き残しておき、他の方に役立つ情報として発信出来ればという事を目的としています。
出来る限り解り易く説明等を行っておりますが、うまく説明出来ていない事もあり、解り難いかもしれませんが、何かお役に立てればと思っております。
どうぞ宜しくお願いいたします。

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンドウズ
58位
アクセスランキングを見る>>