FC2ブログ

MicroSIM から NanoSIM へサイズ変更手続きを行ってみました。

前回紹介させていただきました、「在庫のノートパソコンを職場に譲って得た軍資金で Huawei P9 Lite VNS-L22 White を購入。」にて、以前から気になっていたスマートフォンを入手した経緯等に付いて、詳しく紹介させていただきました。
そこで今回は、入手したスマートフォンを使用する為に、MicroSIM から NanoSIM へサイズ変更手続きを行った事等に付いて、詳しく紹介させていただきたいと思います。

SIMサイズの変更手続きに、3000円の費用が別途掛かります。
この費用は、私が思うには、新しいサイズのSIMの値段のではと、思っています。
この費用は、手続き時に支払うのではなく、後日、毎月引き落としされている契約料と一緒に、引き落としされるとの事。
SIMサイズの変更手続きは、私自身の認識では、現在契約中で使用中の MicroSIM を抜いて渡し、後日新しい NanoSIM が郵送されて来る、という認識でしたが、実際は違ってました。
先ず、現在契約中で使用中の MicroSIM は、抜いて手続きをするのではなく、抜かずにそのまま挿した状態で、使っていて問題は無いとの事。
実際にSIMのサイズ変更手続きを依頼しますと、現在契約中で使用中の MicroSIM は、手続きが開始されるとすぐに使えない状態となります。
そして、自宅に NanoSIM が届くまでは、スマートフォンが全く使えなくなる、という事です。
SIMサイズの変更手続きが完了して、NanoSIM が自宅に届くまでに、約10日程掛かるとの事。
つまり、SIMサイズの変更手続きを開始された時から、自宅に NanoSIM が届くまでは、約10日間程スマートフォンが全く使えなくなる、という事です。
これは大きな問題ですよね。
自分のスマートフォンを、片時も手放す事が出来ない方もおられると思いますが、私自身は、使用頻度がそれ程高くは無いので、そこまで大きな問題にはなりません。
それでも、約10日間も全く使えないというのは、やはり困った問題です。

手続き自体は、金曜日の夜に行いましたが、実際に事務的な手続きを行うと、現在契約中で使用中の MicroSIM が、使用不可になるので、土曜日と日曜日は、現在のスマホを使う予定がある事から、月曜日の朝一番に、使用不可にして下さいと、お願いしました。
すると、予定通りに月曜日の午前中に、現在のスマホが使用不可の状態になりました。
そこで、これまで使っていたスマホから、データや設定をバックアップし、今回購入した Huawei P9 Lite へ、データの移行を行いました。
そして、Wi-Fi 環境がある場所でのみ、使用出来るような状態にして、NanoSIM が郵送されて来るのを、ひたすら待ちました。
手続きが完了して、NanoSIM が自宅に届いたのは、意外に早いというか、木曜日の夕方でした。
中身は凄く小さいのに、大きなA4サイズの封筒で、配達されて来ました。
早速中身を取り出し、NanoSIM との御対面です。

自宅に届いた NanoSIM です。


MicroSIM の大きさでも、扱いには神経を使いますが、今回届いた NanoSIM は更に小さく、裏面の金属部分に触れないようにするのは、もはや無理と言わざるを得ない程に、大きさが小さ過ぎます。
大きいように見える白いプラスチックの部分が、通常のクレジットカードと同じ大きさですので、NanoSIM というのが、どれほど小さいのかが良く解ると思います。
慎重に外側の白いプラスチックの部分から、肝心の NanoSIM を、カッターナイフで切り取りまして、スマートフォン本体に取り付け出来る状態に準備しました。
続いて、スマートフォン本体側の作業です。
本体購入時に添付されていた専用イジェクトツールを使って、本体よりカードトレイを取り外します。

専用イジェクトツールで本体より取り外したカードトレイ。


本体側に近い方が NanoSIM 用で、ここに今回届きました NanoSIM を乗せます。
続いてもう1つの方には、NanoSIM か MicroSD のどちらか1つを搭載出来ます。
私の場合は、MicroSD を使用したいので、こちらに以前から使用していた MicroSD を乗せます。

カードトレイに NanoSIM と MicroSD をセットする。


この状態で、カードトレイをスマートフォン本体に挿入し、祈るような気持ちで、無事に正常に電源が入るように、電源ボタンを押します。
すると、正常に認識出来たようで、画面が表示されて来ました。

電源を投入後表示されるAPNの画面。


画面には、各社のAPNの設定情報が、表示されています。
このままの状態で、しばらく待っておりますと、自動的に契約中のAPNの設定が完了し、目出度く普通のスマートフォンとして、使用出来る状態になりました。
それまでの Wi-Fi 環境にて、ある程度使用していた事もあり、操作方法等に付いては、全く問題はありません。
そして、必要と思われるアプリ等は、既にインストール済です。
今回は、MicroSIM から NanoSIM へのサイズ変更手続きと、本体への装着等に付いて、詳しく紹介させていただきましたが、次回は、簡単ではありますが、実際に使用してみてのレビュー等を紹介させていただきたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リンリン

Author:リンリン
リンリンのブログへようこそ!
このブログでは、私自身で今までに行った、パソコンに関する修理した内容や、改造を行った内容等を、ブログとして書き残しておき、他の方に役立つ情報として発信出来ればという事を目的としています。
出来る限り解り易く説明等を行っておりますが、うまく説明出来ていない事もあり、解り難いかもしれませんが、何かお役に立てればと思っております。
どうぞ宜しくお願いいたします。

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
187位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンドウズ
57位
アクセスランキングを見る>>