スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEC VersaPro VY22M/A-8 に Windows 10 をインストールして実機にて動作チェックします。

前回までの作業にて、メモリーに付いては、限度MAXの4GBの容量まで、増設が完了しています。
そこで今回は、以前動作テストにて使用した、160GBのテスト用ハードディスクと交換して、実際に Microsoft Windows 10 の64ビット版を、インストールしてみたいと思います。
インストールを行います Microsoft Windows 10 は、マイクロソフトのホームページより、ISOファイルのダウンロードや、起動が可能なUSBメモリーの作成等が可能です。
私の場合は、8GBのUSBメモリーを準備して、起動可能なUSBメモリーの作成を、選択しました。

では、作業をはじめたいと思います。
テスト用のハードディスクを初期化後、作成したUSBメモリーにて、インストールを行います。
Windows 10 のバージョンに付いては、購入候補である、Windows 10 Home としました。
Windows 10 のインストール自体は、全く問題無く完了しました。
そこで、デバイスマネージャーを、確認してみたいと思います。

OSをインストール直後のデバイスマネージャーの内容。


何と、前回の Windows 7 の時は問題無かった、グラフィック用のドライバーが、インストールされていない事が、確認出来ます。
Windows 10 になって、GM45 チップセットの標準サポートが、無くなったんでしょうか。
これは困りました。
一先ず、ディスプレイアダプタのプロパティを、確認してみたいと思います。

Microsoft 基本ディスプレイ アダプターのプロパティの内容。


やはり、最適なドライバーは、インストールされていないようです。
そこで、急遽ドライバーを探す事にしました。
先ずはインテルのホームページへ行って、これと思われるドライバーをダウンロードしてみました。

ダウンロード [15.33]Windows 用インテル グラフィックス・ドライバー

インテルのホームページに掲載されている、純正のドライバーですので、何となくこれでいけそうな気がしますが、実際にインストールを行ってみますと、エラーで正しくインストールが出来ませんでした。
これには困りました。
そこで、更に英語の情報等を頼りに、ドライバーを探してみましたら、やっと見つかりました。

Windows 10 - Mobile Intel 4 Series Chipset Graphics Drivers

こちらに掲載されておりました、64ビット用のドライバーを、ダウンロードしました。

64-bit Drivers Download

ダウンロードしたファイルは、拡張子が cab のキャビネットファイルでした。
早速解凍しまして、インストールを行ってみました。

ドライバーをインストール。


結果は、バッチリでした。
グラフィックドライバーのインストールが出来ましたので、再度デバイスマネージャーを確認してみたいと思います。

グラフィックドライバーインストール後のデバイスマネージャーの状態。


ディスプレイアダプターの項目には、インストールしたドライバーの名称が、きちんと表示されている事が、確認出来ます。
そして、「他のデバイス」という項目も無くなり、全てのデバイスが動作している事も、確認出来ました。
これで、正常に動作するようになりましたので、一通り触ってみました。
操作感には、個人差がありますので、快適かどうかは解りませんが、私が操作して使ってみた限りでは、普通に使えるレベルだと思いました。
元々 Microsoft Windows 10 というOS自体が、これまでの中で1番重くて遅いOSであると、私自身はそう感じていますので、このOSを搭載して、キビキビと動作するとなれば、相当に高性能なパソコンではないかと思います。
そう考えれば、逆に相当高機能なパソコンでなければ、どれでもキビキビとした動作にはならないわけで、どれでもこんな操作感だと思えば、今回のこのノートパソコンでも、ストレスを感じる事も無く、極普通に使えると思います。
それでも、最新のノートパソコンと比べれば、反応は遅いとは思いますが、これであと5年ぐらい使えると考えれば、悪くない選択かなと思います。
常駐するアプリやサービスが多いので、これらをもっと最適化すれば、更に快適になると考えられます。
最後に、システム情報を、確認しておきたいと思います。

システムのバージョン情報。


Windows 10 Home の 64 ビット版がインストールされている事が、確認出来ます。
そして、CPUの名称や実装メモリの容量等、今回のアップグレードの結果も、確認する事が出来ます。
一応、ライセンスの情報等も、確認しておきたいと思います。

ライセンス認証の情報等。


現在使用中のOSは、ノートパソコンの動作確認と、実際に Windows 10 を動作させた時の状態を確認する為に、インストールを行っておりますので、ライセンスの認証等は、行っておりません。
でも、今後使用する予定のOSを、実際にインストールした状態で、色々触って確認が出来るというのは、非常に便利で有り難いです。
この仕様で問題が無いか等、実際に依頼主様に確認していただき、問題が無ければ、Windows 10 へ移行していただく事になりそうです。

依頼主のハードディスクの中には、大切なデータや情報が、沢山あると思われますので、これらのデータの移行とバックアップ、そして新規ハードディスクとOSの購入等、もう少し作業が必要ですが、紹介させていただく内容は、ここまでとさせていただきたいと思います。
これまでに紹介させていただきました情報が、同じような機種や構成のノートパソコンで、何かの参考になれば幸いです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リンリン

Author:リンリン
リンリンのブログへようこそ!
このブログでは、私自身で今までに行った、パソコンに関する修理した内容や、改造を行った内容等を、ブログとして書き残しておき、他の方に役立つ情報として発信出来ればという事を目的としています。
出来る限り解り易く説明等を行っておりますが、うまく説明出来ていない事もあり、解り難いかもしれませんが、何かお役に立てればと思っております。
どうぞ宜しくお願いいたします。

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンドウズ
63位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。