FC2ブログ

PLANEX 製無線LANのPCカード GW-NS54GMZ は Windows 7 で使用出来ないのか。

今回紹介させていただきます PLANEX 製無線LANのPCカード GW-NS54GMZ 。


私の職場に、以前から使用された事の無い、PCカード型無線LANカードがありました。
かなり古い物で、PLANEX GW-NS54GMZ との記載があります。

カード本体の型番等。


このカードの詳しい仕様等に付きましては、下記のホームページを参照して下さい。

PLANEX GW-NS54GMZ

使用されていなかった原因は、この無線LANカードを使用する為に必要となるドライバーが、メーカーより提供されていなかった事が、主な原因です。
ちなみにメーカーのホームページには、Windows XP までのドライバーは、掲載されています。
発売時期は、2005 年の 3 月という事ですから、かれこれ10年以上前の製品という事になります。
XPの次に登場しました Microsoft Windows Vista には、OS自体が標準でドライバーを持っていた事で、メーカーでは Vista 以降のドライバーに付いては、リリースされておりません。
ですので、Vista までは使用出来ていた事になります。
しかし、Windows 7 では、標準でドライバーを持っていない為、使用する事が出来ません。
試しに、OSとして Windows 7 が動作しているノートパソコンに、この PLANEX GW-NS54GMZ を装着し、強引にXP用のドライバーをインストールしてみると、一応ドライバーのインストールは完了し、普通に使えるような感じには見えるんですが、タスクトレイに5本のアンテナのアイコンは表示されず、アクセスポイントの一覧の表示も出来ません。
では、Windows Vista が動作するパソコンでは、本当に使用出来ていたのかが気になりまして、使用されていないノートパソコンに、Microsoft Windows Vista をインストールし、この PLANEX GW-NS54GMZ を装着してみました。
すると、「 PLANEX GW-NS54GMZ 」という型番ではなく、「 Marvell Libertas 802.11b/g Wireless LAN Client Adapter 」という名称で、ドライバーのインストールが行われました。

Windows Vista 上で自動でインストールされたドライバー。


当たり前のように、自動でドライバーのインストールが行われた事から、やはりOS自体が標準でドライバーを持っていた事になります。
そこで、デバイスマネージャーにて、インストールされたデバイスの状態を、確認してみる事にしました。

Windows Vista 上のデバイスマネージャーにて確認。


きちんと「ネットワーク アダプタ」の項目の中に、正常に認識した状態で、「 Marvell Libertas 802.11b/g Wireless LAN Client Adapter 」という名称で、認識されています。
そこで、プロパティの中を、確認してみました。

Windows Vista 上のプロパティの内容。


こちらにも、問題無く認識されている事が、確認出来ます。
念のために、プロパティにて表示されたハードウェアIDの内容も、確認してみました。

Windows Vista 上のプロパティにて表示されたハードウェアIDの内容。


「 PCI\VEN_11AB&DEV_1FAA&SUBSYS_1FAA11AB 」と、表示されている事が、確認出来ました。

実際に使用してみますと、タスクトレイに5本のアンテナのアイコンは表示されないものの、アイコンをクリックすると、アクセスポイントの一覧表示は、表示されました。
アクセスポイントへの接続を行い、ブラウザを起動させてネットへ接続してみますと、きちんと表示はされる事までは、確認出来ました。

そこで、この PLANEX GW-NS54GMZ というカードを、Windows 7 が動作するパソコンで、何とか使用出来ないかと考えまして、実際に探してみる事にしました。
10年以上前の古いカードを、何で無理して使用するの?、という御意見はあるかと思いますが、新しいのをわざわざ購入しなくても、ちょっと無線LANを使いたい時に、使える物があるんなら、使いたいと考えるのは、しょうがないと思います。

という事で、本当に使用出来るかどうか、実際に作業を行ってみたいと思います。
使用出来るかどうかの最大の鍵は、1にも2にもドライバーに掛かっています。
つまり、Windows 7 の環境で、インストールが出来て使用も可能なドライバーを、入手出来るかどうかが、今回のテーマとなります。
実際にドライバーを探す上で、キーワードとなりますのは、次の項目です。

●Vista で表示された、「 Marvell Libertas 802.11b/g Wireless LAN Client Adapter 」という名称。

●Vista のデバイスマネージャーにて、表示されたデバイスのプロパティの内容。
特に、ハードウェアIDに表示されていた、「 PCI\VEN_11AB&DEV_1FAA&SUBSYS_1FAA11AB 」という
文字列です。

Windows 7 用のドライバーを、実際に探してみますと、幾つかのドライバーが見つかるものの、殆どは実行ファイル形式のファイルで、ウィルス等が仕込まれていた時に、非常に面倒な事になりますので、実行ファイル形式外のファイルを、重点的に探してみる事にしました。
すると、下記のファイルが見つかりました。

Driver Marvell Libertas 802.11b/g Wireless (8335)

ダウンロードしたファイル名は、下記の通りです。

g Wireless (8335)_003.001.001.007.zip

ダウンロードしたファイルを解凍してみますと、下記の4個のファイルが得られます。
mrv8335.cat
mrv8335.inf
MRV8335NT.sys
MRV8335XP.sys

ドライバーとしては、必要最低限なファイル構成になっていますが、使用出来れば良いと考えまして、こちらのドライバーを、試してみたいと思います。
何となくですが、拡張子が sys ファイルのファイル名に、NT と XP と記載のあるのが、ちょっと引っ掛かりますが、うまく行くかどうか、実際に試してみたいと思います。
そこで次回は、Microsoft Windows 7 が動作するノートパソコンにて、PLANEX 製 GW-NS54GMZ カードと今回入手したドライバーで、うまく使用出来るかどうか等に付いて、詳しく紹介させていただきたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リンリン

Author:リンリン
リンリンのブログへようこそ!
このブログでは、私自身で今までに行った、パソコンに関する修理した内容や、改造を行った内容等を、ブログとして書き残しておき、他の方に役立つ情報として発信出来ればという事を目的としています。
出来る限り解り易く説明等を行っておりますが、うまく説明出来ていない事もあり、解り難いかもしれませんが、何かお役に立てればと思っております。
どうぞ宜しくお願いいたします。

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンドウズ
58位
アクセスランキングを見る>>