スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮付けした液晶パネルでOSをインストールして富士通 FMV-BIBLO NF/C70 の動作確認をします。

前回までに紹介させていただきました、「バックライトが寿命の富士通 FMV-BIBLO NF/C70 の液晶を別の液晶パネルへ仮に接続してみます。」にて、超ジャンクとして入手したノートパソコン、富士通 FMV-BIBLO NF/C70 に付いて、液晶パネルを別の物に交換して、仮に接続してみたところ、問題無く綺麗に表示される事を、確認する事が出来ました。
入手時に付いていた液晶パネルは、バックライトが寿命で点灯しない状態でしたが、インバーター基板はどうやら正常のようで、別の液晶パネルを接続してみたところ、普通にバックライトも点灯しました。
以上の内容から、バックライトが正常に点灯する、代わりの液晶パネルを入手して、交換して取り付けする事で、液晶パネルの問題点は、解決すると考えられます。
そこで、代わりの交換用液晶パネルを探す事にして、液晶パネルを入手出来るまでの間に、ノートパソコン本体側の詳しい動作確認を、行ってみる事にしました。

方法としましては、在庫の適当なハードディスクを本体に装着し、メモリーもあと1GB程増設しまして、Microsoft Windows 10 を、インストールして動作確認を行う事としました。
もし、Microsoft Windows 10 をインストールしてみて、動作的に問題が無いと判断出来れば、次のステップへ、進む事ができそうです。

では、早速詳しい動作確認作業を、行ってみたいと思います。
インストールするOSは、Microsoft Windows 10 Home とします。

Microsoft Windows 10 をインストールするところ。


インストール時の作業は、こんな感じで作業を進めて行きます。
尚、現在仮付け済の液晶パネルは、固定する方法が無い為に、何処にも固定されていないので、ある意味かなり危険な状態です。
なので、背面液晶カバーに、ビニールテープを使用して、簡易的に液晶パネルを固定してみました。
この状態でも、液晶パネルの開閉には問題がありますが、OSをインストールするぐらいであれば、何とかなりそうです。
一応、OSのインストールを行ってみましたが、問題無くインストールは完了しました。

Microsoft Windows 10 のログイン画面。


ドライバーがインストールされていないデバイスが、沢山あるようですが、今回はドライバーの詳細に付いては、掲載は致しません。
OSのインストールが出来て、ノートパソコン本体が、正常に動作するかどうかを、確認するのが今回の大きな目的です。
私の方で、キーボードの各キーの入力と、スライドパッドの操作性、そして音がきちんと出る事ぐらいは、確認しました。
今現在は、上記の問題は無く、正常に使用出来ている状態です。

Microsoft Windows 10 を起動させたところ。


とにかく、正常に表示が出来る液晶パネルさえ何とか出来れば、このノートパソコン本体は、継続的に使用する事が可能と判断しました。
ここまで来ますと、早く代替の液晶パネルを入手して、現在の液晶パネルと交換して、取り付けを行いたいと思います。

そこで、いつもの某オークションにて、送料も含めて、とにかく安価に交換用液晶パネルを、、入手出来るように探してみました。
数多くの出品の中から、必死に探してみたところ、私の条件にピッタリの液晶パネルを見つけました。

某オークションに掲載されていた液晶の写真。


SONY VGN-K31 から取り外した、液晶ディスプレイとの事。
同じ15.4インチの液晶で、同じく光沢液晶が搭載された、液晶パネルという事のようです。
ジャンク品としての出品ですが、掲載されていた画像には、液晶に表示された画像も、ありました。

某オークションに掲載されていた動作中の液晶の写真。


開始価格は100円。
梱包サイズは80サイズ。
この液晶であれば、バラシて液晶パネルのみ交換すれば、何とかなると判断しまして、開始価格の100円で入札してみました。
そのままオークション終了まで、ワクワクしながら待っておりました。
すると、機種限定という事もあったのか、目出度く開始価格の100円で、落札する事が出来ました。

某オークションにて100円で落札出来ました。


出品者の方と連絡を取りまして、代金と送料を振り込みさせていただき、商品到着まで、ひたすら待つ事にしました。

まぁ、落札した商品自体は、無事に届くとは思いますが、うまく液晶パネルが合うかどうかが、結構心配だったりします。
バックライトの形状とか、接続ケーブル等。
そこで次回は、液晶パネルが届いた時に、詳しく紹介させていただきたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

遂に

遂に液晶パネルを入手されたんですね。
おめでとうございます。

それにしても100円とは安い!
送料含めても1000円ぐらいで収まりそうですね。
ハードオフとは全然違います。

画像を見て気が付いたのですが、そろそろ現役を退こうとするxp機のパーツであれば、規格さえ合えば安価に購入出来るということですね。
これは盲点でした。勉強になります。

あとOSはwindow10を選択されたのですね。
私はまだwindow7ですが、将来的にはwindow10を視野に入れているので、完成しましたら使用感などお聞かせ願えればありがたいです。

これで終わりだったらいいんですが。。。。

T様
いつも御覧いただきまして、有難う御座います。
そうなんです!
やっと液晶パネルを入手するところまで、来れました。
が!。
これで終わりだったらいいんですが、終わらないのがジャンク道っていうんでしょうかねぇ。
詳しくは、来週に掲載させていただきますので、少しお待ち下さいませ。

動作確認用のOSとして、Windows 10 を選択しておりますが、これに決めているのではなく、入手しやすかった事と、Windows 10 は継続的に使用する事が可能なのかどうかを、実機で試してみたくなりまして、選択した次第です。
Windows 10 の軽量化に付いては、多くの方法があるようですので、詳しくは掲載いたしませんが、かなりの軽量化を行えば、実使用に耐える事は、可能かなという印象です。
何をもって快適か、という判断が難しいですが、ネットの閲覧が出来て、iTunes 等の高機能なソフトウェアが動作して、ストレスが溜まらない程度に動作する、という事で良いなら、私自身は富士通 FMV-BIBLO NF/C70 という本体に、OSとして Windows 10 を最計量化した状態で
あれば、選択肢としありかなと思います。
ただ、内臓バッテリー自体が、寿命に近づいている状態で、高速起動&スリープ機能がONな状態は、かなり心細いという感じはします。
毎日1時間ぐらいでも使用する、というケースであれば、問題無いかも知れませんが、1週間ぐらい電源を入れない時が多いというケースでは、内臓バッテリーが無くなってしまい、電源ONから使用可能な状態になるまでは、かなり待たされる事になります。
常に高速起動をOFFの状態で使用するという事であれば、バッテリーは関係ありませんので、最新のOSが使用出来るという事を考えますと、多少の待ち時間は、仕方ないかも知れませんね。
プロフィール

リンリン

Author:リンリン
リンリンのブログへようこそ!
このブログでは、私自身で今までに行った、パソコンに関する修理した内容や、改造を行った内容等を、ブログとして書き残しておき、他の方に役立つ情報として発信出来ればという事を目的としています。
出来る限り解り易く説明等を行っておりますが、うまく説明出来ていない事もあり、解り難いかもしれませんが、何かお役に立てればと思っております。
どうぞ宜しくお願いいたします。

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンドウズ
63位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。