FC2ブログ

無料でいただいて来た富士通製ノートパソコン LIFEBOOK A574/MX のホコリの具合を確認。

前回詳しく紹介させていただきました、「納品先より富士通製ノートパソコン LIFEBOOK A574/MX を修理不能品として引き取って来ました。」では、富士通製ノートパソコン LIFEBOOK A574/MX をいただく事になった経緯等に付いて、紹介させていただきました。
そこで今回は、現在の状況を確認する為に、ホコリ付着具合等を、詳しく紹介させていただきたいと思います。

初めにこれまでの経緯等を説明しておきますと、今回ノートパソコンを回収する4ヶ月程前に、やはりホコリの影響により、ブルースクリーンが発生するようになり、その時は一旦お預かりさせていただき、表面のホコリを可能な限り除去し、ある程度正常に動作する事を確認した後、エンドユーザー様の元へお持ちし、そのまま4ヶ月程正常に動作していたものです。
今回のホコリの影響により、ブルースクリーンが発生するようになったのは2回目であり、根本的な解決策を考えなければ、誰も納得出来ない状態になっていた事も、付け加えておきたいと思います。

では、確認していきたいと思います。
先ずは、スライドパッドやパームレストに堆積しているホコリの状況からです。

スライドパッドの部分とパームレストの部分で確認。


前回綺麗にしたにも関わらず、これだけのホコリが堆積している事が、確認していただけると思います。
つまり、前回お預かりさせていただいた時は、本体を分解する事無く、メモリーソケットとメモリーの接触部分のみ、アルコール等で綺麗に掃除していますが、ネジ1本でも外してしまいますと、メーカーからの保証の問題等もありましたので、大掛かりな分解作業等は、行えない状況でもありました。
なので、分解しないで出来る方法としては、メモリーソケットぐらいしか、出来る事がありませんでした。
本体の表面に、これだけのホコリが確認出来る事から、隙間や内部にも、大量のホコリが侵入している事が、十分に考えられます。
これらの状況から、総合的な判断を行いまして、ノートパソコン本体を交換する、という処置を行うに至りました。
言い換えれば、これだけ大量のホコリが侵入している可能性があるノートパソコンを、高額の修理費を注ぎ込んで、誰も修理して使いたいとは思わなかったからこそ、私の手元に、このノートパソコンがあるわけですね。
次に、キーボードのあたりを、確認してみたいと思います。

「Enter」キーあたりのホコリの付着具合はこんな感じ。


如何でしょうか。
黒い粉状のホコリが、大量に堆積している事が、確認していただけると思います。
前回綺麗に除去したにも関わらず、これだけのホコリが確認出来ます。
しかしこの状態でも、各キーの入力は正常であり、綺麗にホコリを除去さえすれば、キーボードの入力は正常に行える、という事になります。

スペースキーあたりのホコリの付着具合はこんな感じ。


キーボード上は、何処を見てもこんな状態で、雪のようにホコリが降り積もっている、という説明が、本当にピッタリするような状態です。

10キーあたりのホコリの付着具合はこんな感じ。


ここまで、ホコリの堆積具合を確認して来ましたが、精密機器という観点から見ますと、致命的と言っても良いぐらいに、ノートパソコンとしては悲惨な状況です。
しかし、世代がかなり新しい目のノートパソコンである事から、本体を分解して、可能な限り掃除をしてでも、使えるようになればいいなと、そう思っております。

無料でいただきましたノートパソコンの現状が、詳しく確認する事が出来ましたので、次回からは、本体の分解作業を、行っていきたいと思います。
この分解作業等に付いて、次回より詳しく紹介させていただきたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リンリン

Author:リンリン
リンリンのブログへようこそ!
このブログでは、私自身で今までに行った、パソコンに関する修理した内容や、改造を行った内容等を、ブログとして書き残しておき、他の方に役立つ情報として発信出来ればという事を目的としています。
出来る限り解り易く説明等を行っておりますが、うまく説明出来ていない事もあり、解り難いかもしれませんが、何かお役に立てればと思っております。
どうぞ宜しくお願いいたします。

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
187位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンドウズ
57位
アクセスランキングを見る>>