スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士通 LIFEBOOK A574/MX 本体を分解して行きます(スイッチカバーとキーボードの取り外し)。

ノートパソコン本体に、大量のホコリが堆積した事により、ブルースクリーンが発生するようになった、富士通 LIFEBOOK A574/MX 本体を、分解して掃除を行う為に、前回の「ホコリの影響でブルースクリーンが発生する富士通 LIFEBOOK A574/MX 本体を分解して行きます。」にて、詳しく紹介させていただきました。
今回は、更に分解作業を進めまして、スイッチカバーとキーボードの取り外しまでを、行いたいと思います。
では、早速作業を行って行きたいと思います。
前回までの作業により、電源スイッチ等があるスイッチカバーを固定しているネジは、取り外しが出来ていると思いますので、少しづつスイッチカバーを持ち上げるようにして、取り外して行く事にします。
固定している爪が、何ヶ所かありましたが、無事にスイッチパネルの取り外しが、完了しました。
そこで、スイッチパネルを固定していた爪の場所と、ネジの場所を、確認しておきたいと思います。

取り外したスイッチカバーの右側等。


写真からも解ります通り、スイッチパネルを固定していたネジは、バッテリーパックを外した時に現れた3本のネジと、後から外したネジのような気がします。
それと固定していた爪の位置を、確認しておいて下さい。
続いて左側も確認しておきたいと思います。

取り外したスイッチカバーの左側等。


スイッチパネルを固定していた爪は、結構固めになっておりました。
分解作業を行われる方は、十分注意されながら作業を行う必要があります。
スイッチパネルに接続されているケーブル等はありませんので、この時点で、スイッチパネルは本体から取り外しが出来ます。
続いて、キーボードの取り外しを行いたいと思います。
キーボードを固定しているネジは、左右に1本づつの計2本です。
確認しておきましょう。

キーボードを固定している左側のネジ。


続いて、右側の固定しているネジです。

キーボードを固定している右側のネジ。


これらの左右の固定していたネジを外しますと、キーボードを手前に起こす事が出来るようになります。
しかし、この状態では、フィルムケーブルによって、接続されたままの状態になっていますので、手前に起こすだけにして下さい。

キーボードを手前に起こした時の状態(左側)。


赤い丸で示した部分に、キーボードとマザーボードを接続しているコネクタが、確認出来ます。
コネクタの固定方法は、コネクタ側にスライドさせる方法で、フィルムケーブルが固定されていますので、外す時は手前にスライドさせる事で、固定が解除されます。
スライドさせるのは、グレー色に見えている部分で、左右交互に少しづつ手前にスライドさせて、フィルムケーブルの固定を解除します。

キーボードを手前に起こした時の状態(右側)。


こちら側には、接続ケーブル等はありませんので、先程のコネクタの固定を解除しますと、キーボード自体が本体から外す事が出来るようになります。
そこで次回は、取り外す必要のあるフィルムケーブルと、本体裏面のネジの取り外し等を、詳しく紹介させていただきたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リンリン

Author:リンリン
リンリンのブログへようこそ!
このブログでは、私自身で今までに行った、パソコンに関する修理した内容や、改造を行った内容等を、ブログとして書き残しておき、他の方に役立つ情報として発信出来ればという事を目的としています。
出来る限り解り易く説明等を行っておりますが、うまく説明出来ていない事もあり、解り難いかもしれませんが、何かお役に立てればと思っております。
どうぞ宜しくお願いいたします。

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンドウズ
63位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。