FC2ブログ

職場で使用中だったパソコンが水没した事により、交換用の液晶パネルが手に入りました。

少し前に、液晶に表示が出ない 富士通製ノートパソコン FMV-BIBLO NF/C70 を、ジャンクとして入手しました。
その後、動作の確認等を行いまして、液晶パネルのバックライト自体が寿命で、点灯しない事が判明した為、交換用の液晶パネルを新たに入手し、交換を試みましたが、入手した液晶パネルの型番の違いや、バックライト用のコネクタが2個ある等、全く交換出来ずに終わりました。
これまでに、幾つかの商品を某オークションで入手していた事もあり、軍資金が無くなった事で、富士通 FMV-BIBLO NF/C70 の修理は、一旦お休みさせていただきました。

あれから、富士通 FMV-BIBLO NF/C70 の存在自体は、ずっと気になってはいたのですが、肝心の交換用液晶パネルが入手出来ないので、ずっと中途半端な状態のまま、保管する事になっておりました。
つい先日、職場で使用中のノートパソコンを、現場に持ち込んで使用していたところ、ノートパソコンの上から、大量の水が落ちて来たらしく、ノートパソコンを開いた状態で、キーボード上に大量の水が降り掛かった事で、水没状態となり、どうやらお亡くなりになったと、連絡が入りました。
この時点では、詳しい情報が無かった事から、どれくらい水が掛かったのかが、解りませんでした。
いざ、この水没したノートパソコンが、私の手元に来た時は、正直再起不可能である事は、容易に想像が出来ました。
ノートパソコンを少し傾けるだけで、キーボードや本体の隙間から、侵入した水が零れて来る程の状態で、ノートパソコンが起動中であった事から、マザーボードは交換する以外に、なすすべがない状態でした。
マザーボード等の下半身は、絶望的な状態でしたが、上半身の液晶パネルは、どうやら水の浸入は免れたようで、どうせなら部品取りにしようと思い、液晶パネルだけ取り外す事にしました。
この液晶パネルだけ取り外したノートパソコンが、東芝製ノートパソコン dynabook Satellite K20 173C/W となります。
取り外した液晶パネルは、15.4インチの非光沢液晶パネルです。
富士通 FMV-BIBLO NF/C70 の液晶パネルと比較しますと、液晶パネルのサイズは、同じ15.4インチですが、光沢液晶と非光沢液晶の違いがあります。
しかし、液晶パネルの表面がどうであれ、きちんと取り付けが出来て、そのまま使用出来る状態になるのであれば、これはもう持ち帰るしかない、と考えまして、職場よりいただいて来ました。

職場より持ち帰る為ダンボールとぷちぷちに包んで持って帰って来ました。


せっかく入手出来た液晶パネルですから、割れたりしないように、十分注意して持ち帰りました。
今回は、荷物の搬送ではなく、自分の手荷物として持って帰りましたので、安心でした。

分厚いダンボールに液晶パネルを挟んで持ち帰りました。


職場にあった、大きめの箱のダンボールを、液晶パネルより僅かに大きめに切り取りまして、裏と表に挟み込む感じで、保護して持ち帰りました。
幸いにも、液晶パネルに破損等は無く、使えそうな感じです。

持ち帰った液晶パネルはこんな感じです。


一応、液晶パネルの裏面に記載のある型番等も、確認しておきたいと思います。

型番のところに謎の何か書き込みがありました。


メーカー名は、サムソン。
型番は、LTN154X3-L0B との記載があります。
気になるのは、何か日付らしき文字の書き込みがありました。
これは一体何でしょうね。
何はともあれ、水没するまで普通に使用出来ていた液晶パネルでしたから、問題は無いと思われます。
問題となるのは、こちらでしょうか。

バックライトのコネクタは形状が異なります。


以前に、同じ東芝製のノートパソコンにて、液晶パネルを外した事がありましたが、これと同じ形状のコネクタが、付いておりました。
ひょっとすると、このコネクタの形状は、東芝製のノートパソコンでは、極普通なのかも知れません。
まぁ、バックライトのコネクタは、交換する必要はありますが、無事に富士通 FMV-BIBLO NF/C70 本体に、取り付け出来て、そのまま使用出来る事を、願うばかりです。

そこで次回は、富士通 FMV-BIBLO NF/C70 に取り付けられていた液晶パネルと、今回入手した液晶パネルを比較しながら、何がどう違うのか等に付いて、詳しく紹介させていただきたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リンリン

Author:リンリン
リンリンのブログへようこそ!
このブログでは、私自身で今までに行った、パソコンに関する修理した内容や、改造を行った内容等を、ブログとして書き残しておき、他の方に役立つ情報として発信出来ればという事を目的としています。
出来る限り解り易く説明等を行っておりますが、うまく説明出来ていない事もあり、解り難いかもしれませんが、何かお役に立てればと思っております。
どうぞ宜しくお願いいたします。

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンドウズ
58位
アクセスランキングを見る>>