FC2ブログ

富士通 FMV-BIBLO NF/C70 本体に改造した液晶パネルを接続してみた結果は。。。

液晶に表示が出ない富士通製ノートパソコン FMV-BIBLO NF/C70 を、某オークションでジャンク品として入手しましたが、結果バックライトが寿命で、バックライトが点灯しないという、状態で入手してしまったノートパソコンです。
その後、交換用の液晶パネルを探し求めて、またもや某オークションで物色しておりましたら、光沢液晶で同じサイズの液晶パネルを見つけ、格安で入手したまでは良かったんですが、液晶パネルの型番が異なった事で、結局交換する事が出来ませんでした。
更に追い討ちを掛けるように、軍資金が底を付いてしまい、一旦はジャンク品の富士通 FMV-BIBLO NF/C70 の修理は、諦めておりました。
そこへ、職場で使用中だった東芝 dynabook Satellite K20 173C/W に、本体に水が大量に掛かるというアクシデントが発生し、そのままお亡くなりになった本体から、部品取りとして液晶パネルをいただいて来ました。
液晶パネルのメーカー名は同じで、型番は末尾の文字が1文字だけ異なる液晶パネルが入手出来た事で、またもやジャンク品の富士通 FMV-BIBLO NF/C70 の修理を、再開させていただく事になりました。
前回までの作業内容にて、バックライト接続用のコネクタが、異なっていたのを改造し、きちんと接続出来る状態にまで、漕ぎ着ける事が出来ました。
そして今回、いよいよ液晶パネルを交換してみての、動作確認を行います。

液晶パネル接続用コネクタも接続し、バックライト用のコネクタも接続して、いざスイッチON。
果たして結果はいかに。

電源ボタンのすぐ下に、状態表示LEDというのがあり、「Scroll Lock[スクロールロック]ランプ」が、何故か点滅動作をしています。
あれっ、こんな反応は見た事が無い、と思いまして、一旦電源を切りまして、メモリーソケットの装着具合等を、じっくりと確認してみましたが、異常はありません。
おかしいなぁと思い、再度電源ボタンを押してみましたが、やはり同じような反応です。
こんな時は、一旦原点に帰る、という意味で、液晶パネルを交換する前の状態に、戻してみます。
つまり、14.1インチの液晶パネルを、接続してみるという事です。
そして、電源スイッチを押してみました。
すると今度は、液晶パネルに表示が現れ、いつものように正常に起動します。
そこで、バックライトだけ、改造した液晶パネルのケーブルに交換し、再び電源スイッチをON。
すると今度は、改造した液晶パネルでバックライトが点灯し、表示こそ無いものの、バックライトがきちんと点灯する事が確認出来ました。
ここまで来ますと、残っている作業としては、液晶パネルに接続するケーブルのみとなります。
嫌な予感しかしませんが、今一度改造した液晶パネルにケーブルを接続し、電源スイッチを押してみました。
すると予想通りに、電源ボタンの下ある「Scroll Lockランプ」が、点滅動作を繰り返し、パソコンが起動する事はありませんでした。
以上の事から、導き出された答えは唯ひとつ。
改造した液晶パネルは、富士通 FMV-BIBLO NF/C70 には合わない、という事です。
確かに、バックライトのコネクタ形状こそ、異なってはいましたが、液晶パネルの型番等は、殆ど同じと言ってよい程の物なのに、実際に接続を行ってみますと、パソコンが起動しなくなる、という現象しかなりません。

HP 製ノートパソコン Compaq 6535s/CT から取り外した液晶パネルは、メーカー名も大きさも全く異なるというのに、きちんと表示がされているのに、同じメーカー製で型番が1文字異なるだけで、使用出来ないとは、本当に驚きです。
もう、液晶パネルを入手する事すら、躊躇ってしまう程の結果です。

この結果を踏まえますと、液晶パネルを交換するという作業は、全く同じ型番の液晶パネルを準備出来なければ、成功する確率は、極めて低いと言わざるを得ない結果です。
富士通 FMV-BIBLO NF/C70 の修理は、もう諦めの境地に灰ってしまいました。
運良く、交換可能な液晶パネルが入手出来るまでは、修理は行わない事にしたいと思います。
以上、結果報告でした。

コメントの投稿

非公開コメント

復活ならず、残念です。

rinrinさん、こんばんは。
今回も拝見させて頂きました。

液晶復活ならず、ですか。
残念です。

私も前回を拝見していて、同じメーカーのパネルならグレアとノングレアの違いはあれど成功したも同然でしょうと思っておりました。原因は一体なんなのか?奥が深いですね。

こちらも実はトラブってまして、4コア化したNF/C70なのですが、再インストールしようとすると、途中で再起動がかかるという現象に悩まされております。
色々考えた結果、もしや、電源の用量が足りないのではと思っております。
TDPが25Wから45Wに上がり、熱暴走か!とも思いましたが、その様な感じもなく、考えてみると、確か純正アダプタは19Vの4.22Aということは80Wです。これをその上の5.72A、100W位に変えれば何とかなるのでは?確かCore iシリーズ用だとそれくらいだった様なと思い、購入計画を立ててます。
果たして上手くいくのでしょうか。

ちなみにキーボードですが、キートップが外れただけだったようで富士通のHPを見ながらはめてみると、何とかはまりました。

また状況が変わりましたら報告させて頂きます。

そちらも奥が深い感じですねぇ。

T 様
いつも御覧いただきまして、有難う御座います。
CPUを4コア化した NF/C70 では、OSのインストール時に、勝手に再起動が掛かるという現象ですが、電源容量が問題なのか、他に何か原因があるのかを、突き止めないといけませんねぇ。
仮に、2コアのCPUでOSをインストールしておいて、インストールが完了してから、CPUを4コアにしてみて、同じように再起動状態になるかどうかも、調べてみては如何でしょうか?
もし、OSをインストールする段階に、問題があるとすれば、OSのインストール後の状態であれば、4コアにしても不具合が発生しない可能性もありますね。
もし、電源容量に問題があるとすれば、CPUがフルパワーの状態になった時点で、再起動状態になるような気がします。
可能であれば、CPUのコア電圧を変更出来るツールソフト等を使って、定格電圧より少し低めに設定出来れば、比例して消費電力も下がりますから、持ち堪えられる可能もありますよね。
マザーボード自体の設計を考えれば、4コアのCPUは持たない可能性も有り得ますので、コア電圧を少し下げて、トータルの消費電力を下げる方向が、良いかも知れませんね。
また、何か変化がありましたら、書き込み宜しくお願いいたします。
この結果を参考にさせていただき、こちらの方でも、4コア化してみたいと思います。
プロフィール

リンリン

Author:リンリン
リンリンのブログへようこそ!
このブログでは、私自身で今までに行った、パソコンに関する修理した内容や、改造を行った内容等を、ブログとして書き残しておき、他の方に役立つ情報として発信出来ればという事を目的としています。
出来る限り解り易く説明等を行っておりますが、うまく説明出来ていない事もあり、解り難いかもしれませんが、何かお役に立てればと思っております。
どうぞ宜しくお願いいたします。

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
187位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンドウズ
57位
アクセスランキングを見る>>