FC2ブログ

子供用のゲーミングマシンで重度の不具合が発生するようになりました。

2014年の夏頃、子供が使用する専用のゲーミングマシンとして、新たにパーツを購入して組み立てしてみました、という事で、「子供用のゲーミングマシンを新たに組み立てしてみました。」にて、詳しく紹介させていただきました。
この時のパーツの構成としましては、下記のようなパーツ構成となります。

●CPU:Intel Pentium G3420
●Mother:ASUS B85M-E
●Memory:Team Elite DDR3 8GB
●Graphics:SAPPHIRE RADEON HD 6870

メインパーツとは別に、これまで使用していたハードディスクやマルチドライブ、そして650Wの電源ユニット等で、ミドルタワーで組み立てを行いました。

あれから少しづつですが、パーツの増設やアップグレード等を行いまして、今現在の構成は、下記のような構成になります。

●CPU:Intel Pentium G3420(変更無し)
●Mother:ASUS B85M-E(変更無し)
●Memory:Team Elite DDR3 8GB
Memory:PATRIOT PSD316G1600KH 16GB
●Graphics:Palit Microsystems Geforce GTX960 OC NE5X960S1041-2061F Geforce GTX960 2GB

マザーボードとCPUは、変わらずそのまま継続使用し、メモリーは8GBに16GBを追加した24GB仕様にしています。
グラフィックカードは、Palit 社製の Geforce GTX960 2GB のオーバークロックバージョンに変更しています。
仕様としましては、まずまずな構成でしょうか。

さて、問題はですね、この構成のゲーミングパソコンにて、不具合が発生するようになりました。
最初の頃は、ゲーム中にエラーが発生したり、ドライバーをアップデートすると、不具合が出る等の症状でしたので、新しくインストールしたドライバーに原因があるのでは?、と考えました。
そこで、OSをインストールし直して、以前のドライバーをインストールして、ゲームを実行して確認してみたりしたのですが、どうもドライバー自体が原因ではないようで、ランダムに不具合が発生しているような感じがします。
何度かOSを再インストールしていると、何とハードディスク内のデータが、突然無くなるという現象まで発生するようになりました。
ハードディスク自体に問題があるのか?という事になり、別のきちんと動作するハードディスクに交換して、またOSのインストールから作業を行ってみました。
すると今度は、OSのインストールすら、完了しないという不具合が発生し、もう何をやってもうまくいかないというお手上げな状態になって、私のところに入院する事となりました。

私の部屋にパソコンを運び込んでから、早速上記の状態で、OSのインストールから作業を行ってみましたが、OSのインストールが完了したとしても、何度か再起動を行うと、OSが起動出来なくなるという不具合となり、これは明らかに異常な状態と判断しました。
そこで、現在の状況に至るまでに、どんな作業を行ったのかを、じっくりと考えてみました。
これまでに行ったパーツ等の増設やアップグレードを、時系列で記載してみますと、下記のようになります。

2017.01 グラフィックカードを Geforce GTX960 2GB に交換。
2017.06 OSの不具合でOS自体を再インストール。
2017.10 ドライバーのアップデートで不具合が発生。
2018.01 メモリーを16GB増設。
このメモリー16GBを増設したあたりから、色々な不具合が発生し始めたような記憶がありました。
この時は、メモリーの動作クロックを、1段階下げる事で安定して動作するようになった為、この状態で使用しておりました。

この時系列で示した内容から、最後に作業を行った16GBのメモリー増設が、最も怪しいような気がしましたので、原因の切り分けを行いやすいように、増設したメモリー16GBのメモリーモジュール2枚を取り外して、確認してみる事にしました。
OSのインストールを行ってみましたが、改善されるような気配は無く、この時点で増設した16GBのメモリーが原因ではない、という結果が得られました。
続いて、ハードディスクを今回交換したハードディスクではなくて、元々使っていたハードディスクに戻してみて、再びOSのインストールを行ってみました。
すると、今までの結果とは異なる現象が、発生するようになりました。

●OSのインストールは完了するようになりました。
●接続しているマウスが、全く反応しなくなる現象が発生するようになりました。

今回新たに発生したマウスの不具合は、そもそもOSのインストールには何の関係もありません。
マウスが全く反応しなくなる現象とは、一体何なのでしょうねぇ。
そこで試しに、他のマウスを接続して、症状に変化があるかどうかを確認してみました。
すると驚いた事に、新たに接続した光学マウスが、全く光らないという現象が。
これって、USBの5V電源が、きちんと供給されていない、という事ではないでしょうか。
ここまで来ますと、ハードディスクやOSがどうのこうのではなく、どう考えても怪しいのは、電源ユニットという事になってきます。
まぁ確かに、現在搭載されている電源ユニットは、結構永く使っている事は確かです。
電源ユニットを交換すると仮定して、どのくらいの電源ユニットが必要になるのかを、考えてみる事にしました。
Geforce GTX960 2GB のグラフィックカード自体は、消費電力が120WというTDP(Thermal Design Power)ですので、うちのパーツ構成から考えますと、最低でも400Wクラスの電源ユニットが、必要になるかと思われます。

そこでふっと、思い出しました。
そういえば、今年の初買い物で、ジャンク品ながら未使用の電源ユニットを、購入していた事を。
その時の詳しい内容が、こちらです。

2018年の今年を占う意味で、今年最初の購入品としてジャンク品の電源ユニットを購入しました。

電源ユニットの容量は、450Wと記載がありました。
果たして、この電源ユニットに交換する事で、今回のゲーミングパソコンは、復活するのか?
電源ユニット自体を交換しての確認作業に付いて、次回詳しく紹介させていただきたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

遂に動きました。しかし、

こんばんは。

今日、家に帰ると大容量ACアダプタが届いており、嫁に怒られながらも今まで起動実験しておりました。
その結果をお伝えします。

windows、動かすことが出来ました。
しかし、起動しなかった原因は電源ではなく以外なところにあったのです。

それは何かと申しますと、NF/C70のbiosメニューにCPUの設定の項目がありまして、4つ変更出来るものがあります。
たまたま、全て使用しないに設定し、起動しますとなんとwindows7が立ち上がったではありませんか!

再起動してCPUドライバを読み込ませ、windows上でもQ9100を認識させ、biosの項目を一つづつ使用するに変更していくと、ある一つの項目を使用するに変更すると再起動がかかり起動出来ないのです。

その項目は何かと言いますと、speedstepテクノロジです。
これが使えないとファンが回りっぱなしで煩いじゃないかと思いますが、何故かちゃんと可変してるみたいです。暫く使ってみましたが特に落ちることもなく安定して使えました。

なぜspeedstepテクノロジが使えないのか、また、使用するにして起動させることが出来ないのか、これからの課題ですがとりあえずはNF/C70でクアッドコアを使うことが出来るようになりました。

以上、報告でした。

rinrinさん、お子様のパソコン上手く復活させて下さいね。
また楽しみに読ませて頂きます。

無事に4コアCPUが動作しましたね。

T 様
いつも御覧いただきまして、有難う御座います。
試行錯誤された結果、無事に4コアCPUが動作したそうで。
不具合が発生する原因も、判明されたようですし、これで安心して使用する事が出来そうですね。
貴重な情報、有難う御座います。

「speedstepテクノロジ」を「使用する」に設定しなくても、無事に動作しているのであれば、私ならこれで十分なように思います。
元々ラインナップには無いCPUですし、設定がどうであれ、不具合が発生しない回避策があるだけでも、凄いと思います。
4コアCPUを搭載し、完全武装された NF/C70 は、今後どのような活躍をされるのか、こちらにも興味がありますね。

こちらの手元にある NF/C70 は、封印したままの状態で、いつ動作するところが見られるのか、全く解らないのが現状です。
焦らず、慌てず、出来る事からぼちぼちと。
こんな感じでしょうか。

さて、子供用のデスクトップマシンですが、永く使っていればですね、電源ユニットのようなパーツは、ある意味消耗品と考えた方が、良いのでしょうね。
使用時間も十分に長いですし、コンデンサの容量抜けや劣化等、避けては通れない経年変化を、直視しなければいけないと考えております。
一時は、自分のパソコンが正常に動作しない事に、子供もかなり落胆しておりました。
続きは、次回にて報告させていただきますので、宜しくお願いいたします。
プロフィール

リンリン

Author:リンリン
リンリンのブログへようこそ!
このブログでは、私自身で今までに行った、パソコンに関する修理した内容や、改造を行った内容等を、ブログとして書き残しておき、他の方に役立つ情報として発信出来ればという事を目的としています。
出来る限り解り易く説明等を行っておりますが、うまく説明出来ていない事もあり、解り難いかもしれませんが、何かお役に立てればと思っております。
どうぞ宜しくお願いいたします。

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
187位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンドウズ
57位
アクセスランキングを見る>>