スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンク品で入手した NEC VersaPro VK22EA-B の本体の状態を、詳しく確認してみます。

職場からの依頼にて、ジャンク品として入手したNEC VersaPro VK22EA-B ですが、前回の「某オークションで落札した NEC VersaPro VK22EA-B が届きましたので確認していきます。」では、届いた商品の主に外観に付いて、詳しく確認してきました。
そこで今回は、内部に付いても、簡単にですが確認してみたいと思います。
では、早速作業を行ってみたいと思います。
先ずは、本体裏面の型番からです。

本体裏面の型番等。


VK22EA-B
型番:PC-VK22EAZCB
出荷年月日:2011年 3月
等の情報が、確認出来ます。
今から約6年から7年前の製品、という事が解ります。
続いて、ハードディスクが格納されている蓋を外してみました。

HDD格納場所を確認してみました。


オークションには、ハードディスクは搭載されていないと記載されていましたので、無くて当然です。
この機種では、ハードディスク固定金具が無くても、問題無くハードディスクを内臓させる事が出来ます。
続いて、メモリー格納部分です。

メモリー格納場所を確認してみました。


こちらには、1GBのメモリーが、搭載されているようです。
こちらも、オークションには1GBが搭載されていると記載されていましたので、問題無いです。
隣のCPU格納部分も、確認してみました。

ついでにCPU格納場所も確認してみました。


私の方で、綺麗に清掃したわけではありませんが、かなり綺麗な状態です。
見た感じでは、CPU冷却ファンにも、殆どホコリらしきものが見られません。
前回のキーボードの状態とは正反対で、内部は綺麗な状態のようです。
内臓されていたメモリーを外して、確認してみました。

内臓されていたメモリーはこれです。


DDR3の1GBのようです。
この状態であれば、BIOS画面を表示させる事が可能ですので、メモリーを元の場所に装着して、手持ちのACアダプターを接続し、BIOS画面を表示させてみました。

ACアダプターを接続してBIOS画面を表示させてみました。


オークションに掲載されていた通り、問題無くBIOS画面が表示出来ました。
ここまで来れば、本体側の確認は、ほぼ出来たと思いますので、次回は、OSをインストールしてみて、もっと詳しく確認してみたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リンリン

Author:リンリン
リンリンのブログへようこそ!
このブログでは、私自身で今までに行った、パソコンに関する修理した内容や、改造を行った内容等を、ブログとして書き残しておき、他の方に役立つ情報として発信出来ればという事を目的としています。
出来る限り解り易く説明等を行っておりますが、うまく説明出来ていない事もあり、解り難いかもしれませんが、何かお役に立てればと思っております。
どうぞ宜しくお願いいたします。

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンドウズ
63位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。